キャリアチェンジ犬を受け入れること

https://love-retriever.com/wp-content/uploads/2019/03/shutterstock_732408109.jpg
YURI

オペルは日本盲導犬協会からキャリアチェンジをして家庭犬として我が家にきました。この記事では、キャリアチェンジ犬について書きたいと思います。

キャリアチェンジ犬って?

盲導犬や聴導犬などが身体的理由や性格的理由により、盲導犬や聴導犬にはなれないと判断された犬が進路変更をして、一般家庭に迎えられることです。

身体的理由や性格的理由ってどんなの?

  • 身体的理由とは
    • 皮膚疾患
    • 頻尿
    • 股関節形成不全など
  • 性格的理由とは
    • 怖がり
    • 活発すぎる
    • 警戒吠えをするなど

オペルはこの中の股関節形成不全に該当してしまったために、キャリアチェンジ犬となりました。

どうやってキャリアチェンジ犬の申し込みをするの?

日本盲導犬協会東日本盲導犬協会日本聴導犬協会などでキャリアチェンジ犬のボランティアを募集していますので、サイトを確認してみてください。

申し込み方法やキャリアチェンジ犬を迎え入れるまでの手続きなどは電話にて問い合わせすると丁寧に答えてくださいます。

どうしてキャリアチェンジ犬を迎え入れたの?

子どものころから捨て犬を拾って飼っていたので、いつかまた犬との生活をしたいと切望していました。

そんなときにパピーウォーカーをしていますと記載されたコートを着た犬を連れた方を駅でお見掛けしました。

もしあの犬が盲導犬になれなかったらどうなるのかな?とふと疑問に思い”盲導犬” ”なれなかったら” ”どうなる?”でネット検索をしました。

その検索結果がキャリアチェンジ犬となりましたので、さっそく申し込みやお問い合わせをしました。

キャリアチェンジ犬を迎え入れてどうだった?

子犬のころのオペルを知らないのは少し寂しい気持ちがありますが、 1歳過ぎまで基本的な訓練をしてきているので、しつけに関してはあまり苦労しませんでした。

こちらの写真はオペル(Opel)のパピーウォーカーさんから頂いたものです。

ぬいぐるみのようでとてもかわいいオペル(Opel)です。