ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)の特技-2012年6-12月版

https://love-retriever.com/wp-content/uploads/2019/03/shutterstock_732408109.jpg
YURI

今回はゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)の特技2012年6月-12月版を記事にします。

特技

我が家に来てからのゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)は芸を教え込まれたり、無理やりやらされたり、自発的にやったりといろいろな行動をします。

それを飼い主は特技と称しています。そんなゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)の特技を見てください。

乗っけて待て

頭に何かを乗せてキープすることができます。頭におもちゃを乗せた姿は、水族館にいるあざらしの芸のようです。こちらの芸は教えました。

頭にバランスのとりやすいものを乗せて、ステイ(そのまま待て)を言うと簡単にできました。

ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)の頭は物を乗せやすい形をしているのかもしれません。

エスカレーターに乗れます(辛うじて)

盲導犬になるための訓練の1つに”エスカレーターに乗る”があります。ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)もその訓練を受けています。それを聞いていたので、乗せてみました。

しかしこの写真からもわかるようにへっぴり腰になっています。エスカレーターは得意ではないようです。少々かわいそうなことをしてしまいました。

椅子に座ります

椅子は座るものです。なので、ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)も椅子に座ります。って何か間違えている気がしますが、これでいいんです。

椅子に座ることはどうやって覚えたのかを飼い主も覚えていません。

日本盲導犬協会では椅子へ座る訓練はしていません。

しかし、いつもの間にやら椅子に座るようになっていました。それも結構無理やり座っている感じがしますが、それでもゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)は満足して座っています。