ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)の怖いもの-2012年版

https://love-retriever.com/wp-content/uploads/2019/03/shutterstock_732408109.jpg
YURI

皆さんの怖いものはなんですか?

今回はゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)の怖いものを記事にします。

ゴールデンレトリバーのイメージ

一般的にゴールデンレトリバーのイメージは

  • 陽気
  • 優しい
  • 穏やか
  • 能天気
  • 人懐っこい
  • 遊び好き
  • アクティブ

だと思います。

そのイメージは正解です。

しかし、繊細で臆病な部分もあります。

例えば、

  • 生活環境が変わるとおなかが不調になる
  • 大きな音に驚く

などです。

ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)の性格

ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)もイメージ通りのゴールデンレトリバーです。

甘えん坊で繊細

ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)はとても甘えん坊です。独りぼっちは絶対に耐えられないです。とにかく人を一緒に居たがります。

人と一緒にいたいゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)はとても優しく老若男女問わず、そばに寄り添います。

その反面、ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)には繊細な部分があります。

キャリアチェンジをして我が家へ来た当初は下痢を数日していました。

おそらく、キャリアチェンジ後の新しい生活に慣れずにストレスを感じていたのだと思います。

自販機で飲み物を買った時に、ドリンクが落ちた音にとても驚いていました。

大型犬で穏やかなイメージのあるゴールデンレトリバーにも、実は繊細な一面もあります。

ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)の怖いものは?

ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)の怖いものは何だと思いますか。

怒った飼い主でしょうか?それとも行動予測のできない子どもでしょうか?

怖いものその1

ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)が怖い1つめのものは、掃除機です。

掃除機があると、怖くて近づけないのです。

それでも掃除機をかけている飼い主のそばにいたい気持ちがあります。

怖いものを我慢しつつ、飼い主のそばにいるために妥協したのがこの距離感のようです。

怖いものその2

ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)が怖い2つめのものは、雷です。

掃除機よりも怖く、この世で一番怖いものが雷です。人間でもあの光と大きな音には驚きます。 ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel) は雷の音が怖いです。おそらくこの世で一番怖いものだと思っているはずです。

大パニックの結果

犬も人間同様にパニックを起こします。 パニックは思いもよらない行動を引き起こします。

ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel) はパニックになり、机の上に登ったり、自分より小さい子どもに抱っこを求めます。

対処方法

ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel) の怖いものは対処できるものとできないものがあります。

掃除機

掃除機はかける必要があります。 パニックになるほど怖くはないようなので、 我慢をしてもらいます。掃除機とある程度、距離があれば我慢できるようです。

こちらは厄介です。いつ鳴っていつ止むのかがわからないからです。そして ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel) にとってこの世で一番怖いものだからです。

抱っこをして落ち着かせますが、残念ながらあまり効果がありません。

そのため、 ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)の行動を危険がないか気にしながら、見守ります。そして早く雷が鳴りやむことを願うのみです。

あまり ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel) の怖いものの話を記事にするとこんな感じで見られそうなので、このへんで終わりにします。