ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)のファッション事情-2013年

https://love-retriever.com/wp-content/uploads/2019/03/shutterstock_732408109.jpg
YURI

小型犬はよく洋服を着ているのを見かけると思います。

ゴールデンレトリバーのような大型犬用にも洋服はあるんです。今回は、ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)のファッションについての記事です。

待ちの中で見かける小型犬はよく洋服を着ていると思います。ゴールデンレトリバーのような大型犬で洋服を着ている犬を見かけたことはありますか。

犬の洋服

小型犬用の洋服は本当にたくさんのデザインがあります。選ぶのにとても悩むかもしれませんが、それも楽しみに変わるくらいの商品数です。たいていのペット用品店で、洋服の販売もされていますので、入手がしやすいです。

それに反して、大型犬の洋服はデザインや数が少ないうえに販売している店舗も少ないです。

人間の洋服で例えると女性用と男性用とでは、デザインや店舗数に差があるのと同じかもしれません。

着用のメリット

犬が洋服を着ているとかわいいです。洋服を着ることはかわいいだけではなく、メリットもあります。

  • ケガや病気の予防になる
    • 手術後の傷口や皮膚疾患がある場合、犬が舐めたりひっかりたりすることを洋服で防げます。
  • 寒さ暑さ対策になる
    • 犬用の洋服にも機能的な洋服があります。犬も年齢が上がると、暑さ寒さに弱くなるので、洋服を着て対策ができます。
  • 抜け毛防止になる
    • 洋服を着ていると、毛が抜けて周辺に落とすことを防げます。
    • 盲導犬が仕事をするときには洋服を着ています。
  • 汚れ防止になる
    • 犬用のレインコートがありますので、雨の日の散歩でも汚れないです。

ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)の場合

ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)も少ない数ですが、洋服を持っています。

持っている洋服

  • 浴衣
    • 完全に飼い主の趣味です。
  • Tシャツ
    • 抜け毛防止のために1枚だけ持っています。
  • レインコート
    • 雨の日でも散歩に行けるように持っています。
  • ウェットスーツ
    • 水遊びや雪遊びの時に着て、汚れ防止にするように持っています。
  • バスローブ
    • お風呂に入った後に着るために持っています。
  • イヤーマフ
    • 食事の時に耳が汚れないように持っています。人間のネックウォーマーを代用しています。

ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)が持っている洋服は目的があって着ているものです。そのため、普段の散歩のときには着ていません。あまりファッション性がないかもしれないです。

浴衣美人

おしゃれ着として唯一持っている洋服が浴衣です。 ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)に似合っていますか? 親ばかな飼い主はとても似あっていてかわいいと思っています。果たしてゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)は浴衣を着てどう思っているのでしょうか。

レインコート

黄色いレインコートは パピーウォーカーさんから頂いた写真です。 パピーウォーカーさんのおうちではレインコートを着せて散歩に行っていたようです。ゴールデンレトリバーの毛の色に黄色は似合います。

レインコートは雨の日だけではなく、雪の日にも活躍します。雪遊びをしていると、毛に雪がついて固まってしまうことがあります。レインコートを着ていると、雪が固まって毛についてしまうことを防げます。

ウェットスーツ

雪遊びを長時間すると冷えるのは犬も人間も同じです。そのため、ウエットスーツが犬用にあります。ウエットスーツを着て、雪遊びをしました。

このウエットスーツは水遊びの時にも使えます。 ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel) は水遊びをすると、体を振って水しぶきを立てます。この水しぶきで人間が結構濡れてしまいます。ウエットスーツを着ていると、水しぶきが少なく、人間が濡れないで済むというメリットもあります。

湯上り美人

お風呂上がりのセクシーショットをお見せするゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)です。

犬用のバスローブもあります。このバスローブはとっても便利です。素材が吸水性の高い素材のため、毛の乾きが早くなります。

洋服になるのかな?

この格好をしてドジョウすくい音頭を踊るわけでは決してありません。ご飯を食べるための格好がこちらの写真になります。

耳が垂れているゴールデンレトリバーはご飯のときに耳が容器に入ってしまいます。耳が容器に入ると、汚れてしまいます。それを防止するためにこのような姿になっています。

きちんとイヤーマフとしての商品が販売されています。しかし、ゴールデンレトリバー オペル(Golden Opel)は人間用のネックウォーマーがジャストサイズでした。そのため、ネックウォーマーをつけてご飯を食べます。